屋形船を東京で楽しむなら

満喫パーティー

屋形船を東京で楽しむなら

屋形船と言えば東京が有名で、四季の風景や催しを美味しい料理とともに楽しめることから、東京に住んでいる人だけでなく観光客も大勢訪れています。
基本的に年中無休で乗ることができますが、やはりシーズンは春と夏ではないでしょうか。

特に夏には隅田川の花火大会もありますから、その頃になると予約でいっぱいになるということもめずらしくありません。
迫力ある花火を間近で見ることができるので、前々から予約を入れて楽しみにしている人も多いようです。

東京の屋形船は基本的に2人以上から乗ることができ、貸切にするなら15人以上からになっています。
また、幅の広い船ですから横揺れも少なく、船酔いが心配な人でも安心して楽しむことができます。

参加料金は10000円からで、その中には料理や飲み物の料金も含まれていますのでわかりやすいのではないでしょうか。
そして、カラオケや水洗トイレもあるので、みんなで盛り上がることもできますしトイレの心配もする必要はありません。


屋形船に乗って日本の伝統文化を感じましょう!

わが国日本は水の豊かな国。
古来より水辺での楽しみ方は様々ありました。
古くは平安時代、貴族階級では家屋敷の庭に池があり、池に舟を浮かべて雅楽の演奏や舞を披露して遊ぶことが風流といわれていました。
源氏物語なんかではよくその場面が描かれています。
貴族だけのひそやかな楽しみだった舟遊びも江戸時代になると大衆の遊びとして広がりを見せます。
江戸時代になると海上輸送が盛んになり、船も大きくなりました。
商船や年貢輸送船に屋根をつけて雨風をしのぎながら宴会ができるようにしたものが出てきました。
代表的なのが江戸は隅田川や荒川の屋形船。
江戸の豪商が船から、花見をしたり花火見物をしたりしながら酒宴を楽しみ、また関西では淀川が有名です。
屋形船は日本の伝統文化ともいえるでしょう。
屋形船の魅力は何と言っても「非日常」、普段は岸から川を眺めますが、川から岸を眺めるのは何と言っても”おつ”なものです。
川を渡る鳥や魚になった気分で岸を歩く人間を見るような感覚になり、また、川にいると岸の音があまり聞こえないので「舟の中」という限られた空間が際立ち、より一層非日常を楽しむことができるのです。
いにしえより日本人が楽しんだ舟遊びを現代で楽しむことができるのは嬉しいものです。
今楽しむなら、東京の深川や隅田川が有名、関西では大阪天満橋近くが有名です。
また彦根城のお堀をめぐるモノも人気があるそうなので、ぜひ伝統文化を楽しんでください。

check
No.1携帯買取
http://www.oda-mobile.com/
翻訳会社
http://www.slingual.com/
ガーデニング用品|ライフステージ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/usersbrige/
パワーストーンブレスを購入
http://www.stonebrace.co.jp/
iPhone(アイフォン)故障修理-大阪 | キャッスル
http://www.castle-iphone.com/